聴診器

治療にかかる期間

やる気のある医師

長い時間がかかる

うつ病の治療には、薬などを使って効率的に行なったとしても長い時間がかかるとされています。身体の傷などと違って心の病は目にみえない上、精神的に安定してきたと思っていてもちょっとした拍子に症状が悪化してしまうことも多いのです。そのため、うつ病の治療を行う際には、根気強く薬を使用していくよう心がけましょう。

効果的な治療のために

うつ病の治療は最低でも半年以上かかるのが一般的です。それよりも短い期間で症状が改善することも多いのですが、再発まで防ぐためには精神的に安定してきても薬を使用し続ける必要があるのです。そのため、治療がうまくいっていても必ず病院には足を運ぶようにしましょう。

うつ病の治療に良い情報

うつ病の治療効果をあげるためには、ストレスを少なくして治療を行なうことが重要です。そのため、うつ病の治療を行なう際には、周りの人にもうつ病であることを打ち明けるようにしましょう。うつ病治療には薬を使っても時間がかかってしまうため、場合によっては会社を長期間休むことになる場合もあるのです。最近の日本はうつ病になっている人が数多くいるため、うつ病に対する理解もどんどん浸透してきています。そのため、以前よりもうつ病を理由に会社を休むことに対しての不安感もなく、治療が完了してから復帰できるような職場環境が整っている会社が多くなってきているのです。会社を休まないにしろ薬は常に服用する必要があるため、周りの人に打ち明けた方がストレスなく日々を過ごすことができます。短期間での治療を目指すためにも、周りの人にしっかりと症状を打ち明けるのがいいでしょう。

薬をうまく工夫して良くなる方法

うつ病になると、セロトニンやノルアドレナリンまたはドーパミンが脳の中で少なくなります。この物質は気分の調節や、気力や物事への感心、注意力を補うためにあります。これらの物質が低下する事によって、モチベーションが下がり、うつ病にかかりやすくなります。 うつ病になって、これらの物質が本格的に下がってくると、気力がなくなり仕事も行きたくなくなります。これらの物質を外から入れる事で元気になる薬を使います。昔からあるのが、抗うつ剤薬で、新しいものでは、SSRI薬やSNRI薬などがあります。これらの薬を投与してみると、セロトニンなどの神経伝達物質は、しばらくすると上がってきます。実際の症状に反映されるのは2週間から4週間程度かかります。

セロトニンやノルアドレナリンまたはドーパミンなどの神経伝達物質はうつ病になる原因から出た一つの現れになります。うつ病になると、ある種の原因があって、結果的に神経伝達物質が低くなると考えられます。考え方で特にマイナス思考で物事を考える事によって、脳の中にある神経伝達物質のエネルギーが消耗される事でうつ病になります。 うつ病の患者さんには、物事を真剣に考えるがあまり、頭の中が疲れて神経伝達物質が下がる事で起こる方が多くいます。これは遺伝によるものもあります。この考え方を少しでも改善する為に、健康度を高める工夫をする必要があります。食生活の改善が大切になります。特にタンパク質をしっかりとる事によって、脳の伝達物質は上がります。また、ただ薬だけを飲んでいるのではなく運動などを工夫して行う事でうつ病の改善はされます。

Copyright(c) 2015 うつ病の症状は薬で改善-クスリでなくすリスク- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com