聴診器

継続して使う

カウンセリング

効果について

うつ病のような心に抱えてしまった病を治療するためには、薬を利用することがとても重要です。うつ病治療に使われる薬には、精神を安定させる効果があるのです。精神的に安定した状態を維持しないと、不眠症や突如湧き上がってくる不安感などによって、うつ病の症状が進行してしまい、治療にかかる期間も長くなってしまいます。また、中には心のバランスが崩れてしまった状態で人と話しをしたことで、対人関係のトラブルを抱えてしまうという場合もあります。このようなストレスになってしまう状態が続くとうつ病の治療にも支障が出てしまうため、薬を利用して精神的に安定した状態を作ることは治療を行なう上でとても重要になってくるのです。

安定してきても

うつ病治療を薬で行なっている人の中には、精神的に安定した状態の時には薬を服用していないといった人もいます。しかし、精神的に安定した状態が続いているからといって、油断して薬の服用をやめてはいけません。うつ病には、治療を行なっている際にも突然症状がぶり返してしまうことが多いのです。こういった症状のぶり返しは、治療が進んで精神が安定してきた時期が特に起きやすいと言われています。一度症状がぶり返してしまうと、今まで薬を服用して改善していた症状が再発してしまう可能性もあるため、医師が薬の服用をやめてもいいというまでは、精神的に安定してきても必ず薬を使用するよう心がけましょう。

うつ病のお薬と飲み方について

一般的に心療内科や精神科では、 うつ病に効くとされている薬をもらうことがあります。 これは一般に抗うつ剤とされているものです、 この薬はうつ症状を緩和することができ、症状改善に不可欠な存在となっています。 この薬では基本的に途中でやめたりしないといったことが基本になっていきます。 薬を飲み始めてしばらくするっと症状が改善したようにみえることがありますが、 これは薬の効果が聞いているからであって根本的に回復しているわけではありません。 ですので絶対に途中で中断しないことが重要になっていきます。 また、うつ病ではこれらの薬を突然やめてしまうと、 急にうつ病の症状が出てきてしまったりするため、 精神的に良い影響を与えません、ですので継続し症状が改善してきたと思っても、 うつ病患者さんの判断で止めないことが重要です。

病院の選び方について

一般的にうつ病では精神科や心療内科での回復が基本になると、 前段で書きましたが、病院の選び方についてです。 基本的に薬飲みで治そうとする病院に行かないことです。 一般的に薬というのは精神的な面については優先度が異なります。 ですので、精神的に安らげることができるところを選ぶことが基本になっていきます。 カウンセリングなどを行っている病院を選ぶことで症状の改善に、 近づくことができます。 ですので、薬というのは精神的な病気では必要になりますが、 優先度が異なる点に着目することが重要です。 このことから病院を選ぶ際にはカウンセリングがある病院を選ぶことが、 良いとされています。 また患者さんの接し方については過度に心配にならず、程よい距離感で、 接することが良いとされています。

Copyright(c) 2015 うつ病の症状は薬で改善-クスリでなくすリスク- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com