聴診器

副作用も知っておこう

年配の医師

副作用の内容

うつ病といったような心の病を治療する際には、ほとんどの場合薬が必要となります。しかし、薬にはプラスの効果だけでなく、副作用のように注意しなければいけない点もあるため、副作用を確認した上で薬を使用するよう心がけましょう。うつ病の治療薬に最も多い副作用として、眠気が薬を服用する前より強くなるといった点があげられます。そのため、うつ病の薬を日常的に服用する場合には、なるべく睡眠時間をしっかり確保出来るような生活習慣にする必要があるのです。よるにしっかりと眠っていれば眠気もそこまでキツイものではないため、日常生活を無理なく過ごすことも可能です。また、眠気以外にも体質によっては吐き気や下痢などの副作用を引き起こす場合もあります。薬を変えれば副作用が収まる場合もあるため、副作用がでた際にはしっかりと医師に相談した上で、服用を続けるか判断するようにしましょう。

副作用が出やすい時期

うつ病治療に使われる薬の副作用が出やすいのは、服用を始めて一週間前後が経った頃です。そのため、服用を始める際には一週間前後で再び医師に相談できるよう準備をしておくといいでしょう。また、一旦副作用が出ても、身体が慣れてきたら副作用が緩和される場合もあります。副作用が出やすい薬にはうつ病に対する治療効果が高い場合も多いため、最初に副作用が発生したとしても、医師が根気強く服用するように指示する場合には医師の判断に従うのがいいでしょう。

Copyright(c) 2015 うつ病の症状は薬で改善-クスリでなくすリスク- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com