女性の医師
カウンセリング

継続して使う

うつ病を治療するためには、薬を継続して使用することがとても重要です。心の調子が良くなってきたからと薬の服用をやめてしまうと症状がぶり返してしまう可能性もあるため、治療が終わるまでしっかりと薬を飲みましょう。

詳細を確認する

やる気のある医師

治療にかかる期間

うつ病になってしまったら、治療が完了するまでに長い期間がかかってしまいます。薬を利用すれば治療期間をある程度短縮することが出来るため、早めに病院へ行き診察を受けましょう。

詳細を確認する

看護師と医師

様々な薬がある

うつ病を治療するためによく利用される治療薬には、様々な種類があります。治療の効果や含まれている成分などに違いがあるため、うつ病の治療に使う薬の情報も探しておくようにしましょう。

詳細を確認する

年配の医師

副作用も知っておこう

薬を使ってのうつ病治療は他の方法に比べてとても効果的な方法ですが、薬の副作用が出てしまう場合もあります。安心して薬を利用するためにも、薬の副作用を把握しておくのがいいでしょう。

詳細を確認する

朗らかな表情の医師に相談する患者

病院選びも重要

うつ病の治療に使われる薬は様々な種類があるため、自分の状況に合わせて使う必要があります。良い病院であればより自分に合った薬を選んでくれるため、しっかり病院選びを行なった上でうつ病の治療を行いましょう。

詳細を確認する

患者に身振り手振りを使って話す医師

評判も確認してみる

インターネットでうつ病の治療を行なっている病院の情報を手に入れる際には、口コミサイトなどを利用することも重要です。評判を確認してから薬の処方を依頼することが出来るため、病院を選ぶ際には利用してみましょう。

詳細を確認する

自覚しよう

二人の女性の医師

抱え込まないように

日本では、うつ病にかかってしまう人が年々増えてきており、現代病として深刻になっています。その理由の1つとして、病院に行って薬の処方を受けるとなどいった対策をせずに、自分で抱え込んでしまうため、うつ病の改善ができない人もいるという点があります。うつ病の治療には症状に合わせた対策を行なう必要があるため、病院で相談しないとなかなか症状を改善することができないのです。うつ病のような心の病は、症状が発生していると感じたら専門家に診断してもらって、しっかりと治療を行なうことが重要です。精神的な病は心の弱い人がかかるもの、と勘違いして病院で治療を受けることに抵抗感を持っている人もいますが、しっかりと治療を受けるためにも、一度病院に行って相談するようにしましょう。

治療方法を知ろう

うつ病は病院にてしっかり対策を行なう必要があるのですが、安心して治療を受けるためには病院でのうつ病に対する治療方法についても知っておいた方がいいでしょう。うつ病の治療方法として中心的なのは、カウンセリングと薬を利用しての治療です。カウンセリングを受けることで、自分の抱えている問題を吐き出した上で、心を安定させるために薬を利用するという流れになるのが一般的なのです。特に薬の使用はとても重要で、うつ病では心が不安定になってしまうため、薬を使用しないと自傷行為といった危険な行動を起こしてしまう可能性もあります。しっかりと病院で相談すれば対処することが出来るため、うつ病になってしまったら薬をもらうためにも病院を訪れるようにしましょう。

主流は副作用の少ないSSRIやSNRI

うつ病の治療薬は、現在主にSSRI・SNRI・NaSSAの3種類と三環系・四環系が使用されています。SSRIやSNRIは比較的副作用も少なく効果も高いことからまず第一選択肢として投薬されることが多いようです。NaSSAはSSRIやSNRIに比べ効果は強いものの体重増加や眠気などの副作用も強いのが特徴で、うつ病の症状が軽くなるとSSRIやSNRIに戻していく傾向にあるようです。三環系・四環系は効果は強いものの副作用も強いので重篤な場合の治療薬として使われる場合がほとんどです。最近ではまだ実用化はされていないものの、血液検査でうつ病を診断できるようになり、うつ病の早期治療や投薬に期待がかかっています。

抗うつ剤の副作用と投薬をやめる時期

うつ病の薬は、SSRIやSNRIに代表される抗うつ剤以外にも、一緒に不安や緊張を和らげる抗不安剤や睡眠薬も一緒に投薬されることがほとんどです。なぜなら抗不安剤は抗うつ剤がゆっくりと利き始めるのに比べ、比較的短時間で利きはじめるため併用して使用されることも多いです。抗うつ剤の効果が表れだすのは大体1週間程度かかるため、効果が表れだすと抗不安剤や睡眠薬も徐々に使用量を減らしていく傾向があるようです。抗うつ剤は副作用が少ないですが、全く副作用がないということではありません。場合によっては吐き気や食欲不振、体重増加などの副作用があります。うつ病は投薬で症状が落ち着いても再発のリスクの高い病気なので、自己判断せず定期的に受診しなければいけません。

Copyright(c) 2015 うつ病の症状は薬で改善-クスリでなくすリスク- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com